現代の中学生(学割がきくのが嬉しいですよね。携帯電話料金なんかも安くなったりします)は、非常に読解力(質の低い文章を読んでいるとむしろ低下するといわれています)が低いと言われており、設問自体の意味が分からなかったり、設問の通りに答得られないなど、読解の力低下が深刻化しているのです。この背景にあるのは、中学生(大人になってからあえてなる方ってかっこいいですね)の授業外での過ごし方の変化が大いに関わっているかもしれませんね。ゲームやパソコン(OSとしては、マイクロソフトのWindowsやアップルのMac OS Xが一般的でしょう)、携帯電話などが普及した事によって、子供達は読書と言う生きた活字にふれる機会を一気に少なくしてしまいました。国語(国語、?学、英語のいずれかの科目が得意なら、他の教科の成績も上がる可能性があるでしょう)の現代文を解く上で、非常に大事なのがこの読書になっているでしょう。読書は漢字や語彙(小さなお子さんを持つ親は少しずつ増えていくのが嬉しいでしょう)の習得は当然のこと、内容を推理する力や想像力も身につき、文章(ちょっとした一文でも、その人の個性とセンスが出るものです)を読むという基本的な力が自ずと備わります。これは国語(国語だけは苦手という人も少なくないようです)だけではなく、他の教科にも影響してくると言うことなんです。日頃から読書を習慣づけておけば、入試前に慌てることもないでしょう。逆に言えば、入試前に問題を解いたからと言っても、すぐに読解力(文章を読み、その内容を理解する力をいいます)が高まるものでもないでしょう。では、入試前の現代文対策として、具体的に何をすればいいのでしょう。とにかく現代文を解くときにポイント(効率のよさを追求するなら、知っておくべきでしょう)になってくるのは、時間配分です。限られた時間の中で、文章(ちょっとした一文でも、その人の個性とセンスが出るものです)内容と設問を理解して、適切な回答を導かなければなりません。それには、時間制限を自分で設け、文章(書いていくうちに段々と書けるようになっていくでしょう)を速読可能なよう訓練(意思が強けれね、自分で自分を鍛え直すこともできますが、大抵の人には難しいものですよね)にして下さいね。そして、現代文の場合なら長文で答えるものが多い為に、ひと通り問題を解き終わって採点するときに、模範解答と自分が出した答えとをどういった感じで理解していくかもポイントなのです。模範解答と自分の答えが一致していない場合、自分がなんでこのような答えを導き出したのか、どこで間違ってしまったのかを納得するまで考えて下さい。そうする事で、読解力(文章を読み、その内容を理解する力をいいます)はさらに深まり、問題が解きやすくなっていきますー